DamJapanやまなし/上日川ダム


小説でも有名な大菩薩峠の近くに有るダム
それが上日川ダム。
下部ダムに当たる葛野川ダムと
揚水式発電も行っていて、その有効落差は
世界最大の何と714m!
しかも出力160万kW!
3,4号発電機は平成15年7月に運転を開始
したばかり。
後ろに大菩薩、前に富士山と名峰を抱えるダムでもある。



南からトコトコと県道218号線を上がって来た
人がまず始めに見るダムがこのアングル。
これがアーチダムだったら凄い圧迫感だろうな〜



















専用路を進むとダム天端付近に到着する。
駐車場はだいたい4,5台ぶんくらいだろうか?
右にちょっと写っているのはダム管理所


















「上日川ダム」の石碑(?)
こんな立派なのもちょっと珍しいか?




















これがダム管理所。
このダムは葛野川ダムで24時間遠隔監視されているので
土日は人が居ないそうだ。



















ダム本体を望む。 左端に少し写っているのはソーラー発電システムで、
設置には諭吉さんが600万人くらいを動員したそうです(笑)
ちなみにこの写真は若干色調補正して本物に近い色にしています。



















ダム湖を望む。 そんなに大きくはないです。
時期の割に水が少ないですが、これは葛野川ダムとの
揚水発電で水が出ている為だそうです。



















ダム湖右岸に目をやるとあまり見かけない
建物を発見。これは取水塔だそうだ。
とは言っても普通の取水塔ではなく下部ダムとの揚水発電
に使う物である。ここから取水された水は、遥か714m下の
ダムまでお出かけである。
しかしそのうちまたこのダムに戻ってくる(笑)
















だんだん霧が降りてきた。
ちょっと肌寒い。やはり標高が高いから?
天端に赤い花が咲いているが、これはここのダムの
職員の方が植えたそうです。
なんでも高地でしか育たない高山植物だそうです。
で、結構それがウケたそうで見学に来た方からも人気だそうです
















天端より下流を望む。
晴れていれば富士山が望める筈だったのですが、残念!
それにしても吹く風が心地よい(^^♪



















天端に数枚ある東電の看板
って・・
この池!?
池と言うのにはいささか小さすぎ
ではありませぬかね?





















お☆ま☆け
ダム湖の奥の方にある橋。
橋とは言っても今は現役引退、その役目を終えている。
デザインからしてかなりの年代物、、、
まだまだ形を保っている。
こう言うものを見ると少しノスタルジックな気分になっちゃっい
ますね。

場所? 秘密です(笑)
ヒント☆
ダム湖周辺にある林道をうろちょろしていれば見つかりますよ(^_^)












周辺には地図に載っていない様な林道が沢山有ります。
これはそのひとコマ。
他の林道もそんなにガレた道ではなく、森林浴には最適(?)
ただし、迷わないよう注意!(地図に載っていないので)
枝道も多いです。たぶん東電の管理用の林道も有るのではと思います。






















DamData
ダム名称上日川ダム
ダム湖名称----------
ダム形式ロックフィルダム
所在地山梨県塩山市大字上萩原字萩原山
着工年/竣工年1991/1999年
主な使用目的発電
堤高87m
堤頂長494m
堤体積4110千m3
総貯水量11470千m3
有効貯水量8300千m3
水系/河川日川/富士川水系
管理東京電力
本体施工者前田/大成/大林