DamJapanトップDamJapanやまなし> 雨畑ダム1 > 2

DamJapan topDamJapanYamanashi> AmahataDam1 > 2


公式サイト
  日本軽金属株式会社(Nippon Light Metal/NLM)
  

雨畑ダム/AmahataDam

提高50mの砂防ダム(写真後ろ) 雨畑ダムの前にちょっと。
ダム周辺の河川は砂が非常に多く、砂防ダムがあちこちにある。砂防ダムと聞くと 小さな沢に作られているイメージが有るが、この辺りでは普通の川に巨大な砂防ダムが 幾つも建設されている。しかし、大半が砂に埋もれている。
酷い所だと埋まってしまった砂防ダムの下に大きめの砂防ダムを作ったはいいが、それが埋まり古い 砂防ダムが砂で埋まっている状態の砂防ダムが有った。つまりダム直下に大きいダムを作って、古いダムが水没 するのと同じです。 この写真は雨畑ダム上流にあった稲又第三砂防堰堤。驚くなかれ。何と提高が 50mもある。
奥の方にある土砂崩れらしき物が見える。 砂・・・
アップ 山が雨が降る度に削れ、大量の砂が流れ出ている。手前の砂防ダムの様なものは、これ以上の 土砂の川への大量流出を防ぐものだろうか。どちらにせよ、これが完全に埋まるのも時間の問題であろう。
ちなみに、写真手前がダムへと注ぐ雨畑川です。
雨畑ダム近くで撮影。手前の湖が雨畑湖です。
何とこんなに短い沢に大量の砂防ダムが建設されている。しかし自然の力とは恐ろしいもので、 その砂防ダムでさえも埋まろうとしている。。。

手前はダム湖なんですが、既にかなり埋まっています。その証拠に、本来ダム湖である筈の場所が 砂で完全に埋まりそこに車が・・・ 凄い・・・
砂防ダムダムダム・・・
雨畑ダム やっと(笑)ダムの登場です。発電専用ダムなので、ほぼ満水です。
このダムは既に95%が砂で埋もれているそうです。30年程前から、このダムに溜まる砂を コンクリートの材料にしているそうです。かなり良質な砂だとか。

写真右にクレストゲート(ローラーゲート2門)が装備されています。
水に浮かぶ作業所
監"視"所 管"理"所ではなく監"視"所です。 ご覧の通り厳重に防御?されており、堤体へお近付きになる事は できません。
灌漑面積は「ナシ」です。堂々としてますね。取水施設管理車名が土木課長ってのも なんか他のダムとは違う感じで面白いですね。 潔い・・・
さて、 ダム近くのこの道を下っていくと・・・

DamJapanトップDamJapanやまなし> 雨畑ダム1 > 2

DamJapan topDamJapanYamanashi> AmahataDam1 > 2