DamJapanながの/裾花ダム



この裾花ダムは自治体が管理するダムとしては珍しく
アーチ式ダムだ。
直ぐ下流には湯ノ瀬ダムがあり、そこと連携
プレイで洪水調節などを行っている。
この日は大町オフへ行く途中に寄った。
到着したのは朝の5時。
最初に管理所アタックしてみると、
「現在放流中で危ないので天端には入れません」
と言われてしまった・・・
   しかし・・・・・



 






放流しているので早くそれを拝みたいが、
到着が早すぎてまだ真っ暗なので
明るくなるのを待つ。
#広角レンズ使用。
















やっと明るくなってきたので
さて見学と思ったら、管理所の中から人が出てきて
「車、中に停めちゃってください」
と言われ、車を中に入れ、さて見学と思い写真を撮っていると・・・










「私がついていれば天端見学良いですよ」
と。
うっほぉ!(ぇ
と大喜びでついて行きました。
どうやら今日は放流しているので職員さんが
日曜にも関わらず2人居るから見せてくれたのだと思います。
いやいや、ありがとうございます。









凄い凄い!
ただでさえ暫く放流とはご無沙汰だったのに、
久しぶりに見た放流が大好きなアーチダムとは、
感動モノです・・
#広角レンズ使用。















アーチダム独特の形状により、
放流の水しぶきが堤体によりせき止められています。
う〜む・・ 機能美だ。。。

















減勢工(副ダム)
も大活躍です。
凄い事になっています。

















ダム湖を望む。
まっ茶色。。
まるでココアみたい・・・











その後、何と左岸まで行かせてくれるとの事で、
さらに大はしゃぎ。







しかも何とこんなところまで
行かせてくれました!

「本当はもっと下に行けば良い写真が撮れるんですけど、
私の権限ではここまでです」との事。

もっと下って、キャットウォーク?
放流していなければキャットウォークにも
行けるという事か!?
#広角レンズ使用。











やっぱりアーチ最高!!!!



















ここからの方が放流が良く見えます。
水圧で横に水が飛ぶのも他のタイプのダムには
できないです。
ちなみにこの日は2ゲート合計で50トンの
放流だそうです。
#広角レンズ使用。














奥に見える橋は裾花大橋です。



















非常用洪水吐です。
ゲートはとても大きいです。


















天端から見る朝日・・・
最高です・・・!
湯気みたいに見えるのは放流による水しぶきです。



















誰かココアをかき混ぜていませんか〜?(笑)
ここには落ちたくない・・・


















左にあるのが取水塔です。
後ろに見えるのはトンネルで、
右奥に見えるのがインクラインです。
#広角レンズ使用。














ここのダムの方が若干小渋ダムよりも
ごちゃっとしています。
でもやはりこの美しさは重力式ダムには出せない・・(たぶん)
#広角レンズ使用。
















いやはや、ありがとうございます。
朝からいい物見させていただけました。


















DamSpec
ダム名称裾花ダム
ダム形式アーチ式コンクリートダム
ダム湖名称---不明---
水系/河川裾花川/信濃川水系
所在地長野県長野市大字入山字岩戸南沖4 5 5 3
着工年/竣工年1962年/1969年
主な使用目的洪水調節,農地防災,上水道用水,発電
堤高83.0m
堤頂長211.2m
堤体積131千立方m
総貯水量15000千立方m
有効貯水量10000千立方m
管理長野県
本体施工者間組(ダムの間だ!)
 

ダム所感
見た目の迫力★★★★☆
見た目の美しさ★★★★☆
ダムの開放度★★★☆☆
アクセス路の状態★★★☆☆

5つ星が無いのはどーも何かに欠けるんですよ・・
あ、でもアーチ独特の迫力、美しさはありますので1度見学するのをお薦めします。
入り口は立ち入り禁止とありますが、横に「ご用の方は管理所まで」と書いてあるので
そこでしり込みせずに管理所の方に聞いてみましょう。
快く案内してくれる(もしくは天端に入れてくれる)筈です。


ダム見学情報
駐車場
天端の見学
PR展示館など
ダムを真下から撮れる








真ん中に白く光り輝く(笑)モノが裾花ダムです。
まぁ正面と言うのには小さすぎるかもしれまんが、切り立った
谷にある裾花ダムの雄姿(?)を拝む事は出来ます。
ちなみに左下にあるのは湯ノ瀬ダムです。
本当にすぐ下なんですよ。