DamJapanながの/奥裾花ダム



朝裾花ダムを見てからずーっとハイテンション状態。
そして第二弾(何の?)がこの奥裾花ダムだ。
特別大きい訳でも無く、何か凄い設備を持っている訳では無い。
しかし、この雨に濡れたしっとりとした堤体は
とても綺麗だった。
ただ、このダムの1番厄介なのが入場料が要る事だ。
ここのダムの上流に「奥裾花自然園」があり、
そこへの入場料として1人400円徴収される。
ダムなんて1km上流なのにぃ・・・
   なんとも前代未聞であります。



 






やってるやってる!
裾花ダムの様な迫力は無いが、
しっとり濡れた堤体が美しい。

















堤体を望む。
裾花ダムの職員の方が何と事前に奥裾花ダムにアポ
を取っておいてくれたため、おじさんがすすっと出てきた。

















天端を望む。
特に立ち入り禁止とかは無かった。
#広角レンズ使用。

















右側にある銘版。
『竣』ぐらい漢字で・・ |]_・)


















ちょっとした展望台(?)
みたいなのがあったのでそこから堤体を望む。
街頭邪魔だぁ
#広角レンズ使用。
















取水塔のアップ。
下にある物は何でしょ?
浮いてるのかなぁ・・・

















下流のアップ。
直角に曲がってる・・・
でもこのダムはそんなに大量に放流する事も
無いでしょうし、大丈夫なのでしょう。 ↑

















非常用洪水吐横より下流を望む。 ↑
ここのゲートも青いですね。




















対岸に到着。
何なんだろう、この妙なスペース・・・
#広角レンズ使用。

















ダム湖を望む。
ここもまぁ見事なココア色をしている。


















クレストゲート上部はこんな風になってます。



















チェーンをひょいと外せば簡単に中に
入れちゃいます・・・
でも入っちゃだめです。

















悔しい(笑)ので
ゲートの巻き上げ機を見て我慢です。(笑)
少し巻き上げられてる筈ですが・・・

















管理所を望む。
左だけ色が違うのは増築でもしたのだろうか?
#広角レンズ使用。









この後、新聞を届けに地元の人らしき人が
軽トラでやって来た。
のどかでいいなぁ〜









堤体を上から拝む。
このアングルでダムを撮るなんて
中々無いですよね?

















橋より堤体を望む。
やはりダムとしての規模はあまり大きい方ではない。


















堤体のアップ。
う〜む・・
シンプルだ・・

















DamSpec
ダム名称奥裾花ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
ダム湖名称---不明---
水系/河川裾花川/信濃川水系
所在地長野県上水内郡鬼無里村大字鬼無里
着工年/竣工年1969年/1979年
主な使用目的洪水調節,農地防災,上水道用水,発電
堤高59.0m
堤頂長170.0m
堤体積152千立方m
総貯水量5400千立方m
有効貯水量3300千立方m
管理長野県
本体施工者間組(ここもダムの間だ!)
 

ダム所感
見た目の迫力★★☆☆☆
見た目の美しさ★★★☆☆
ダムの開放度★★★☆☆
アクセス路の状態★★★☆☆

迫力には欠けても、重力式ダムのすらっとした堤体が雨にしっとり濡れて
綺麗でした・・・
裾花ダムよりこちらのダムの方が開放的です。
天端には特にフェンスも無く、自由に出入りできます。
ただ、見学にお金が要る(1人400円)のがこのダムの欠点でしょうか・・・


ダム見学情報
駐車場
天端の見学
PR展示館など
ダムを真下から撮れる