DamJapanトップDamJapanふくい> 鷲ダム

DamJapan topDamJapanFukui> WashiDam


     

鷲ダム/WashiDam


鷲ダム遠望 鷲ダム遠望 山原ダム方面から県道を降りてくると、鷲ダムが見えて来る。
下流に集落を抱え、桜も咲いて日本的で何とも良い景色です。
こんなアングルでダムを眺める事はあまり無いので、少し新鮮。
高さは無いけどどっしりとした安定感が伝わって来る。
国道158号線の橋から 国道158号線の橋から
今度はズームアップ 今度はズームアップ 新緑の淡い緑と、桜がとても合っていて綺麗。結構見とれちゃう景色かも。
こっちから降りて来ました。
こうして見ると水量があまり無い感じ。県境とか石徹白ダムの 辺り迄は「お水いっぱい、急流だぜ!」って感じだったのに、ここだと「あの水は何処へ行ったんだい?」 って感じ。石徹白ダムと山原ダムとでかなりの水量を吸い取られているのが見て取れます。

もうちょっと水を出してあげても良いんじゃないかなって思ったり。
石徹白川を振り返って 石徹白川を振り返って
Eagle×Boxer Eagle×Boxer ちょっと一枚。
管理所の脇に入れる所があって、ちょっとお邪魔して撮った写真がこれ。 桜とダムのコラボレーション。

桜の柔らかさと、ダムのどっしりとした安定感が何だか調和しちゃってる。
Eagle×Cherry blossoms Eagle×Cherry blossoms
更に下って 更に下って うーん、イケメン・・・ どちらかと言えば包容力のある力強い優しい感じかな。

もっと近づけば堤体にタッチできたけど、この時はそんな事考えず。
この時は総じてうっかりミスの多いダム巡りだったなぁ・・・
少し隅っこでさり気なく主張するバルブ。これの放流も結構綺麗だろうな・・・ そう言えばあなた、 そう言えばあなた、
そろそろ40歳だねぇ・・ そろそろ40歳だねぇ・・ 国道脇の駐車場には沢山の桜が。本当に違和感が無い・・・
堤高が50mにも満たない事を全く感じさせないその外観。重力式アーチであるが故なんだろうか。

最新のダムは、ずっしりどっしりとしたこの男らしさを学ぶべきかも?
高さの割に 高さの割に
ぐにょーっと ぐにょーっと 苔むし具合が貫禄を出すのに一役買っている感じ。こうして見るとアーチしているのが良く分かる。
微妙に水位が低め。この湖のすぐ上はあの九頭流ダム。 湖を眺める。 湖を眺める。
あー、逆光 ぐにょーっと あまりの逆光の酷さに敗退。広角で我慢して下さいよ、ディスプレイの前の皆さん。
眩しくて望遠側の写真が皆イマイチだったので、他の方のサイトをご覧下さい・・・


鷲ダム諸元/WashiDam Spec
ダム名称/Name鷲ダム/WashiDam
ダム形式/Type重力式アーチ/GravityArch
ダム湖名称----
河川/水系::River/Water system九頭竜川水系九頭竜川
所在地/Address福井県大野市鷲
着工年/完成年
Year of starting constructing/
Year of completion
1965年/1968年
主な使用目的/Use of dam発電のみ
提高/Height44m
提頂長/Width227m
堤体積/Volume of the Dam113万立方m/113000m3
総貯水量/Volume of the lake965万立方m/9650000m3
有効貯水量610立方m/6100000m3
流域面積191.6ku
湛水面積62ha
管理/Administers 電源開発(株)
本体施工者前田建設工業

石徹白、山原、鷲ダムの着工、竣工年が同じです。


ダムのちょっとした印象
雰囲気★★★★☆
ユニーク度★★★★☆
ダムの開放度★★★☆☆
アクセス度★★★★★

国道158号線沿い。福井方面岐阜方面共にアクセスし易い場所です。

ダム施設情報
駐車場/Parking
天端の見学×
PR展示館など×
ダム正面からの撮影






DamJapanトップDamJapanふくい> 鷲ダム

DamJapan topDamJapanFukui> WashiDam